南風通信

hear happening in the breeze

漢字の勉強

多くの漢字は、部首(ぶしゅ)+音符(おんぷ)で構成された文字です。

部首は、偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)の7種類で漢字を分類しています。

参考
http://kanza.qee.jp/LibraryHtm/busyu/busyumei.htm

●偏(へん)
漢字の構成要素のうち左側に置かれる。

例)
女編(おんなへん)=女性に関わる意味を表す
人偏(にんべん)=人間や人の動作に関する漢字

●旁(つくり)
漢字の構成要素のうち右側に置かれる。

例)
見部(けんぶ)=見る動作に関する意味を表す。
鳥部(ちょうぶ)=鳥に関する漢字が集まる。

●冠(かんむり)
漢字の構成要素のうち上部に置かれる。

例)
草冠(くさかんむり)=草花に関わる意味を表す
ウ冠(うかんむり)=住宅に関する意味を表す。

●脚(あし)
漢字の構成要素のうち下側に置かれる。

例)
こころ:「恋」「想」「悲」など。心に関する意味を表す。
さら:「盤」「盆」など。底の平べったい器に関する意味を表す。

●構(かまえ)
漢字全体を包むように置かれる。

例)
もんがまえ: 開、関など。門に関する意味を表す。
くにがまえ: 国、囲、園など。まわりを囲む意味を表す。
ぎょうがまえ・ゆきがまえ: 街、術など。道に関わる意味を表す。

●垂(たれ)
漢字の上側から下側に垂れ下がるように置かれる。

例)
やまいだれ: 病、疾、痛など。病気に関する漢字に使われる。

カテゴリー:日本語,

漢字の勉強

多くの漢字は、部首(ぶしゅ)+音符(おんぷ)で構成された文字です。

部首は、偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)の7種類で漢字を分類しています。

参考
http://kanza.qee.jp/LibraryHtm/busyu/busyumei.htm

●偏(へん)
漢字の構成要素のうち左側に置かれる。

例)
女編(おんなへん)=女性に関わる意味を表す
人偏(にんべん)=人間や人の動作に関する漢字

●旁(つくり)
漢字の構成要素のうち右側に置かれる。

例)
見部(けんぶ)=見る動作に関する意味を表す。
鳥部(ちょうぶ)=鳥に関する漢字が集まる。

●冠(かんむり)
漢字の構成要素のうち上部に置かれる。

例)
草冠(くさかんむり)=草花に関わる意味を表す
ウ冠(うかんむり)=住宅に関する意味を表す。

●脚(あし)
漢字の構成要素のうち下側に置かれる。

例)
こころ:「恋」「想」「悲」など。心に関する意味を表す。
さら:「盤」「盆」など。底の平べったい器に関する意味を表す。

●構(かまえ)
漢字全体を包むように置かれる。

例)
もんがまえ: 開、関など。門に関する意味を表す。
くにがまえ: 国、囲、園など。まわりを囲む意味を表す。
ぎょうがまえ・ゆきがまえ: 街、術など。道に関わる意味を表す。

●垂(たれ)
漢字の上側から下側に垂れ下がるように置かれる。

例)
やまいだれ: 病、疾、痛など。病気に関する漢字に使われる。

カテゴリー:日本語,

漢字の勉強

多くの漢字は、部首(ぶしゅ)+音符(おんぷ)で構成された文字です。

部首は、偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)の7種類で漢字を分類しています。

参考
http://kanza.qee.jp/LibraryHtm/busyu/busyumei.htm

●偏(へん)
漢字の構成要素のうち左側に置かれる。

例)
女編(おんなへん)=女性に関わる意味を表す
人偏(にんべん)=人間や人の動作に関する漢字

●旁(つくり)
漢字の構成要素のうち右側に置かれる。

例)
見部(けんぶ)=見る動作に関する意味を表す。
鳥部(ちょうぶ)=鳥に関する漢字が集まる。

●冠(かんむり)
漢字の構成要素のうち上部に置かれる。

例)
草冠(くさかんむり)=草花に関わる意味を表す
ウ冠(うかんむり)=住宅に関する意味を表す。

●脚(あし)
漢字の構成要素のうち下側に置かれる。

例)
こころ:「恋」「想」「悲」など。心に関する意味を表す。
さら:「盤」「盆」など。底の平べったい器に関する意味を表す。

●構(かまえ)
漢字全体を包むように置かれる。

例)
もんがまえ: 開、関など。門に関する意味を表す。
くにがまえ: 国、囲、園など。まわりを囲む意味を表す。
ぎょうがまえ・ゆきがまえ: 街、術など。道に関わる意味を表す。

●垂(たれ)
漢字の上側から下側に垂れ下がるように置かれる。

例)
やまいだれ: 病、疾、痛など。病気に関する漢字に使われる。

カテゴリー:日本語,

漢字の勉強

多くの漢字は、部首(ぶしゅ)+音符(おんぷ)で構成された文字です。

部首は、偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)の7種類で漢字を分類しています。

参考
http://kanza.qee.jp/LibraryHtm/busyu/busyumei.htm

●偏(へん)
漢字の構成要素のうち左側に置かれる。

例)
女編(おんなへん)=女性に関わる意味を表す
人偏(にんべん)=人間や人の動作に関する漢字

●旁(つくり)
漢字の構成要素のうち右側に置かれる。

例)
見部(けんぶ)=見る動作に関する意味を表す。
鳥部(ちょうぶ)=鳥に関する漢字が集まる。

●冠(かんむり)
漢字の構成要素のうち上部に置かれる。

例)
草冠(くさかんむり)=草花に関わる意味を表す
ウ冠(うかんむり)=住宅に関する意味を表す。

●脚(あし)
漢字の構成要素のうち下側に置かれる。

例)
こころ:「恋」「想」「悲」など。心に関する意味を表す。
さら:「盤」「盆」など。底の平べったい器に関する意味を表す。

●構(かまえ)
漢字全体を包むように置かれる。

例)
もんがまえ: 開、関など。門に関する意味を表す。
くにがまえ: 国、囲、園など。まわりを囲む意味を表す。
ぎょうがまえ・ゆきがまえ: 街、術など。道に関わる意味を表す。

●垂(たれ)
漢字の上側から下側に垂れ下がるように置かれる。

例)
やまいだれ: 病、疾、痛など。病気に関する漢字に使われる。

カテゴリー:日本語,

2017年7月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31