南風通信

hear happening in the breeze

肝臓に対する薬の影響

肝臓に対する薬の影響を調査。抗血小板剤の問題かも知れないが
処方は変えられないので、アムロジピン ベシル酸塩(カルシウム拮抗薬)
の調整(5mg->2.5mg)を検討。
抗血小板剤の種類

●イコサペントエン酸エチル製剤:EPA 用途:動脈硬化
エパデール(持田) GOT、GPT上昇0.58%

●クロピトグレル硫酸塩  用途:脳梗塞
プラビックス(サノフィ・アベンティス)GOT上昇4.9%

●アセチルサリチル酸製剤  用途:脳梗塞
バイアスピリン(バイエル)GOT上昇5.0%

●塩酸チクロピジン製剤 用途:脳梗塞、末梢動脈
パナルジン(サノフィ・アベンティス)GOT上昇0.2%、肝臓関連1.79%

●シロスタゾール製剤
プレタール(大塚)GOT、GPT上昇0.03%

●塩酸サルボグレラート製剤 用途:末梢動脈
アンプラーグ(田辺三菱) GOT0.2%肝臓関連0.1~5%

●ベラプロストナトリウム製剤
ドルナー(東レ、東レ・メディカル、山之内)
プロサイリン(科研)

●ジピリダモール製剤
ペルサンチン(ベーリンガー)冠血管拡張剤
アンギナール (田辺)冠血管拡張剤
●リマプロストアルファテクス製剤 用途:腰部脊柱管狭窄症
オパルモン(小野)リマプロスト:PG誘導体
プロレナール(大日本住友)肝臓関連0.05%

●トラピジル製剤 狭心症 GOT、GPT上昇0.15%
ロコルナール(持田)冠血管拡張剤
エステリノール(高田) 冠血管拡張剤
●ワルファリンカリウム製剤
ワーファリン(エーザイ)血液凝固阻止剤:ジクマロール

広告

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。